事故情報が信用情報機関に登録されること、すなわちブラックリスト入りと、自己破産や個人再生においては個人情報が官報上に書かれてしまうことが債務整理をして抱えることになるリスクです。とは言え、事故情報は永遠に残るわけではありませんし、日頃から官報を確認しているような人はほとんどいません。

それと、借金時に保証人となった人がいる場合はその人にとってとってもの厄介事となる事態は否定できません。債務整理を家族に気づかれずに行うにはどうやって債務整理を行うかで難易度がちがいます。

仮に任意整理をするならすべての手つづきを自分でどうにかしようとしなければ家族に悟られるという可能性は極めて低いです。ですが、世帯収入や資産を公開する手つづきが必要な個人再生や自己破産の場合は、そのうちばれてしまう可能性が高いです。勤務先については、債務整理の方法に何を選ぼうと内密にできます。シゴトに悪影響が及ぶのではないかと心配で、中々債務を整理で借金を清算できないという話を聞きますが、債務整理をした結果、そのことが会社に発覚するというのは少ないです。

なお、任意整理のケースでは絶対に大丈夫です。

では、個人再生や自己破産はどうなのかと言うと、こちらも担当の弁護士や司法書士と打ち合わせをしておけば、職場に通告がいくようなことは避けられるでしょう。反対に、多重債務のまま職場にいる方が会社に伝わってしまう危険性があります。どのような債務整理であれ、一度でもすれば一定期間は個人信用情報に記録が残ります。その結果、新規のローンなどは出来なくなるのはもちろん、それまで保有していたクレジットカード、キャッシングのカードなども使用停止です。

当面は新たにカードを制作することもできないでしょう。

ただ、現在返済中の債務については、個人再生と任意整理では債務は保持されていますので、支払いそのものは継続します。
借金を返せないまま滞納